安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


掲載されました♪

見てください!

販売中のダンスビュウ11月号 49ページに
8月30日に開催された「ダンスのい・ろ・は」講習会の様子が掲載されています。

御協力くださったのは
笑顔の素敵な矢口和弘先生・美根子先生御夫妻。

2004年の中越地震の時には、十日町市も震度6弱と大変な被害だったようですが
それを乗り越え、5年たった今もダンスを続けられています。

とても明るくて、素敵な先生です。
お顔も、矢口先生に本当にそっくりなんですよー。

是非、チェックしてください (・∀・)ゝ
c0101662_20243059.jpg

[PR]

by andoh-dance | 2009-09-28 20:25

ダンスビュウ杯フォーメーションダンス・フェスティバル

9月6日は、第19回ダンスビュウ杯でした。

昨年の18回大会より、司会の大役で頑張っていますが、本当に、楽しく参加しております。

残念ながら、今年は、いつも参加しているチームが、参加できないこともあり、モダン部門は、3チームと少なかったのです。

参加されたチームでも、メンバーの減少などの悩みがありました。

ファーメーションダンス・フェスティバルは、ダンス愛好家の増加、ダンス人口のすそのを広げていく目標があります。

ダンス界に限らず、スポーツ界でも、愛好家の減少は、深刻な問題だと思います。

ジュニアの育成、30代から50代の初心者の獲得。そして、60代から70代のダンスを楽しむ方が、ダンスの技術ではなく、気軽に参加出来るように・・・

ダンスは、どのような方でも楽しめる、本当に健康にいいものです。

ダンスビュウ杯は、来年20回記念大会です。

今は、演技発表部門(順位がつかない)、競技部門モダン、ラテン(順位があり)です。

来年、ジュニア部門、演技発表部門、競技部門は、平均年齢で、2部門作るなど、色々な対策が出来そうですね。


ダンス界そのものも、教室経営、サークル運営も、色々な対策をしていかないと、この先が心配です。
[PR]

by andoh-dance | 2009-09-08 15:07 | ダンスのいろは

ダンスの楽しみ方

先日、新潟県に「ダンスのいろは」講習会に出かけてきました。

この地方講習会を始めたきっかけは
全国のダンス愛好家の皆様に、よりダンスを楽しんでもらう、そんなお役に立てれば嬉しいな・・・そんな感じです。

さて、新潟県での講習は、私にとって、非常に有意義なものとなりました。

まず、「ダンスビュウを読んだ事がある方・・・」「・・・・」「???」
ほとんどいらっしゃらなかったのです。
という事は、『ダンスのいろは』などは、知るはずがありません。

1班か5班に分かれて、一通りワルツを踊るのですが・・・皆さん、踊れないわけでは、ありません。
しかし、競技会を目指しているわけではなく・・・メダルテストのような、資格試験を受けた事があるわけではないのです。
楽しく踊るダンスです。

全国に、楽しく踊るダンスを踊っている方は、何人いるのでしょうか?
逆に言うと、競技会を目指したり、メダルテストを受けたいという人が、何人いるのでしょうか?

「ダンスのいろは」の連載を開始する時に、ダンスビュウ編集長に言われた言葉は

「競技ダンス、捨てられますか?」

あらためて、私のしなければならない事を確認したような気がします。


講習会は、私の適当なおしゃべりで?順調?に進み・・・


この地方講習会は、技術の押し売りではありません。
もっとダンスが皆様の身近に感じられ、楽しく感じられるように、私も皆様と一緒に楽しく踊りにうかがう。そんな、講習会です。

お気軽に声を掛けてみてください。
全国のダンス愛好家の皆様と触れ合うことが出来たら・・・と思っています。
[PR]

by andoh-dance | 2009-09-01 17:57 | ダンスのいろは