安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
** リンク **
以前の記事
最新の記事
検索
その他のジャンル
カテゴリ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


その後・・・

先日、「いろは」の撮影で、カメラマンの中野さんから「あのあと、どうなったかが知りたい・・・」というお話でしたので・・・

音楽を忘れたお話から・・・

実は、音楽を忘れたお話には、前がありまして、浜松で行われた、中部日本の競技会のスペシャルゲストデモンストレーションで

『ケープ』
を忘れました。

その現場でCDを買って、普通のパソ・ドブレの曲で踊りました。

そして名古屋での中部日本。今度はケープを忘れないようにと、気合を入れて・・・出番前のケープを振る腕のも気合が入って、かかった曲が、「ワルツ」

さて、三度目の正直。焼津での静岡の選手会パーティー。ケープも持って、音楽も確認して、いざ会場へ・・・

タクシーに乗って、運転手さんが「あ、あそこですね。会・・・」

「ガシャ~~~ン」

タクシーが、信号待ちの前の車に衝突。

デモが中止。そのまま病院へ。(なんともなかったです)

中部地区で、一度もケープを振ることなく終わりました。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-31 11:15 | ダンスのいろは

忘れやすいこと・・・

さて、もうすぐ発売のダンスビュウ9月号。
今回の「ダンスのいろは」は、「忘れやすいこと・・・」です。

さて、現役時代のお話です。
幕張メッセで行われる「スーパージャパンカップ・セグエ選手権」

車で会場に駆けつけて、トランクを開けると

【衣装が無い】

さすがに、ビックリしました。

地方でのデモンストレーション。一曲目は、パソ・ドブレでした。
ケープを振っての登場の予定・・・

会場に鳴り響いた曲は、なんと

【ワルツ】

当時、カセットテープでしたが、カセットの表面には、確かに、パソ・ドブレの文字が・・・
誰かが、重ね録りしたな・・・「あ、僕だ」

思い込みによって、「忘れていること」「間違ってしまうこと」って、多いですよね。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-24 12:07 | ダンスのいろは

感性・・・

先日講習会で、子供たちを教えてきました。
小学校一年生から中学生まで
ダンスの力も違えば、感覚も違いますし・・・教えるのは、苦労です。

15分ぐらいたって「飽きた人」って聞くと
「はーい」
大きな声で返事をしてくれます。しかし、最後まで頑張って受講してくれました。

子供は、感性で踊ります。あまり教え込むべきではないと思います。
感性を豊かにしてあげる教え方・・・難しいです。
しかし「音楽を聴いたまま、好きなようにルンバウォークをして下さい」というと
音楽をはずす子供は、いません。

午後、学生諸君に同じ音楽を聞かせて「はい、ルンバウォーク」というと

「???」考え込んでしまいました。

その音楽とは、リズムだけが入った音楽なのですが・・・

感性を大切にして下さい。
ダンスは、頭で踊るものではありません。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-18 18:53 | ダンスのいろは

ゴルフの話

5年前ぐらいは、週に一回はゴルフ場に行き、暇を無理やり作っては、練習場へ行っていました。最近3年間は、年に4,5回のペース。練習は、なし。上手くなるわけありません。

昨日、久しぶりに行ってきました。楽しく参加してきました。
そこで、こんなことを思いました。
「素振りはいいのに、ボールがあると全然ダメ・・・」
「シャドーではいいのに、パートナーと踊ると全然ダメ・・・」
この二つの共通点は・・・
「ボールを遠くに飛ばしたい」「パートナーを動かしたい」
です。

どちらもまず「自分のスウィングをすることです」

わかっちゃいるけど・・・出来ないんですね
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-10 12:02 | ダンスのいろは

落ちてます・・・

ダンスビュウ8月号の15ページ
ワルツのアマルガメーションの記事です。

⑨シャッセ ツー ライト
⑩ナチュラル ターンの前半

となっていますが・・・

⑨シャッセ ツー ライト
⑩アウトサイド チェンジ (123)
⑪ナチュラル ターンの前半

の間違いです。
DVDの演技のほうでは、きちんと踊っていますが
記事は、抜けてしまいました。ごめんなさい。

きちんと毎回、私が最終確認をしていますので、私のミスです。
また、このようなミスがありましたら
ぜひ、このブログでも、ダンスビュウの編集部でも、安東ダンススクールでも・・・ご報告ください。

失礼いたしました。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-04 22:45 | ダンスのいろは

英語の理解度???

「スロー ・ スロー ・ クイック ・ クイック」
ブルースを踊るときに、よく耳にするカウントですね。
音楽的に言うと
「スロースロー ・ スロースロー ・ スロー ・ スロー」が
正解だと思います。
つまり、一拍がスロー、半拍がクイックと理解するべきです。

皆さんが、カウントしているものは、音楽的というより、動作的な、スロー(ゆっくり)とクイック(早く)です。
音楽的かつ動作的に体が反応するには、日本語を使うことをお勧めします。

つまり

「ゆっくり、ゆっくり、早い、早い」

日本語のほうが、理解しやすいときもありますよ。
逆に、日本語に訳すと、解釈が違ってしまうこともあります・・・それは、後日。

だんだん、ブログを見てくださる人も、増えているみたいで・・・
がんばって更新しますから、よろしくお願いいたします。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-02 09:26 | ダンスのいろは