安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ダンスのいろは( 48 )


フォーメーション大会

日曜日は、ダンスビュウ杯・フォーメーションダンスフェスティバルでした。

私の感じたことを、少し・・・

1.音楽的構成
選曲の段階で、統一性の無いチームが、ほとんどでした。ただ単に、踊りやすい曲、好きな曲を選んでいるのでは?と感じました。テーマを決めるとか、起承転結をはっきりするとか・・・どの種目を踊るということより、まず、音楽ありきです。
2.振り付け
フォーメーションの振り付けは、大変苦労するところです。カップルによって、実力の差もありますし・・・
振り付けのポイントですが、「わかりやすいことを、わかりやすく踊る」です。配置であれば、円、直線、斜め。移動であれば、回転量の変化、移動量の変化。以上です。個々のカップルに注目してみているわけではないので、より単純なステップで、構成し、全体的なバランスを大切にすることです。難しいことをやったからと言って、決して、いい結果に結びつくとは限らないのです。

以上の二つのポイントで、ほとんどフォーメーションは決定されます。あとは、練習量だけです。

スタンダード優勝「アマクロス沖縄」
音楽の構成が良く、振り付けもシンプルで、好印象でありました。緑の衣装もよく、沖縄からと言うことでしょうか、東京の人とは違った、明るい感性を感じました。

スタンダード二位「ホールセントラル・ダンススィング・チーム」
カップル個々の実力は、他のチームをかなり引き離していました。ただ、音楽構成が私には理解できませんでした。選曲から曲のつなぎ???衣装、実力ともにナンバーワンでしたが・・・音楽構成は、審査の90%をしめます。これは、私の持論ですが・・・

スタンダード三位「東京ホットペッパーズ」
音楽構成、振り付け、全体のバランスはよかったです。ただ、残念ながら、一組だけ、完全なステップミス、ラインミスをしてしまい、最後まで、ミスを取り返すことが出来ませんでした。個人的な責任ではありませんが、残念ながら敗因となりました。厳しいコメントで申し訳ありません。

ラテン優勝「ちよっこダンスサークル」
初優勝おめでとうございます。若さあふれるパワーは、好印象でした。しかし、内容はイマイチでした。まず、若さの勢い、個性のぶつかりで、フォーメーションとしては、必ずしも機能していませんでした。ラインの乱れは、おかまいなし、顔の向き、手の上げ方・・・それぞれが、元気良く踊っているだけでした。しかし、その元気が無いチームが多いので、それだけで優勝するに充分でした。

ラテン二位「GO!GO!チャレンジャーズ国立」
個人的なレベルと、フォーメーションとしての完成度は、かなり高かったと思います。しかし、全体的な運動量が少なく、また斬新なアイディアが足りないように感じました。何年も優勝していると、ネタに困るでしょうが・・・音楽の構成が、理解できません。衣装、出だしの曲から、映画「マスク」を連想しましたが・・・マラゲーニャにビックリ???なぜ???選曲ミスです。

ラテン三位「クレイジーダンサーズ長野」
構成に対して、個々の基礎能力がついていけていませんでした。もっと、簡単なステップで構成したほうが、より効果的です。選曲も違ったカラーの曲を使い、聞いているほうとしては、うるさい感じを受けました。私としては、イマイチでした。

さて、「チャレンジャーズJr.」には、本当にビックリしました。ただ子供が踊って「かわいい!」で終わるのかと思ったら・・・とんでもない。100点満点。あそこまで、統一させられるのかと、驚きました。来年、競技部門で登場すると、間違いなく優勝候補ナンバーワンでしょうね。

以上、勝手なことばかり書きましたが、各チームじっくり見させていただきました。
こんな辛口コメントでもよくて、他のチームのことに興味がある方がいましたら、コメント入れてみてください。
[PR]

by andoh-dance | 2007-09-05 11:47 | ダンスのいろは

採点基準

明日は、ダンスビュウ杯の「フォーメーション大会」です。
私は、審査員として参加します。

審査には、「個人的な好みが影響する・・・」と言いますが
私個人としては、好みで採点をすることなど、ありえてはいけないと思っています。
審査には、必ず採点基準による審査、すなわち、個人的見解を捨てた審査が必要だと思っています。

明日の採点基準は・・・
1.音楽性・・・ダンスである以上常に第一重視です。
2.体系、配置、組織的なダンス・・・フォーメーションの原点です。

100点満点で採点するとして
音楽があってないチームは、無条件に0点です。
音楽的でも、体系のそろっていないチームは、10点です。

過去最多のチームが参加すると、うかがっています。
真剣に練習をつまれたことでしょうから、私も真剣に厳しく審査したいと思います。

だだ、一つだけこの採点基準を狂わせるようなダンスが存在するとしたら・・・

「楽しく、のびのび、元気よく」
笑顔は、満点です。

明日、楽しみしています。採点好評も、このブログで・・・
[PR]

by andoh-dance | 2007-09-01 14:45 | ダンスのいろは

美しく・・・

さて、夏休みも終わりました。
今年もあと4ヶ月ですね。がんばっていきましょう。
9月に入って、涼しくなるといいですね。

さて、9月発売のダンスビュウのいろはは、「より美しく」です。

c0101662_904667.jpg


靴屋さんに行くと、写真のように靴が並べてあることが多いですよね。
美しく見える角度です。

踊っているときの、足元も美しく見える角度を覚えましょう。
[PR]

by andoh-dance | 2007-08-29 09:02 | ダンスのいろは

勘違い・・・

来月号のテーマは、「勘違いしていること・・・」「簡単にできること・・・」などです。

さて、勘違いしていること、つまりは思い込みによって、間違いに気づかないことは、たくさんありますよね。

勘違いとわかった瞬間は、恥ずかしいものです。

「写真とってください!!」

撮られる側に慣れていた私は
「いいですよ」と言って、ポーズの準備。

「それじゃ、ここ押してください」

「あ・・・わかりました。はい、チーズ」

今では、自分から「写真撮りましょうか?」って聞くようにしています。
[PR]

by andoh-dance | 2007-08-06 13:28 | ダンスのいろは

その後・・・

先日、「いろは」の撮影で、カメラマンの中野さんから「あのあと、どうなったかが知りたい・・・」というお話でしたので・・・

音楽を忘れたお話から・・・

実は、音楽を忘れたお話には、前がありまして、浜松で行われた、中部日本の競技会のスペシャルゲストデモンストレーションで

『ケープ』
を忘れました。

その現場でCDを買って、普通のパソ・ドブレの曲で踊りました。

そして名古屋での中部日本。今度はケープを忘れないようにと、気合を入れて・・・出番前のケープを振る腕のも気合が入って、かかった曲が、「ワルツ」

さて、三度目の正直。焼津での静岡の選手会パーティー。ケープも持って、音楽も確認して、いざ会場へ・・・

タクシーに乗って、運転手さんが「あ、あそこですね。会・・・」

「ガシャ~~~ン」

タクシーが、信号待ちの前の車に衝突。

デモが中止。そのまま病院へ。(なんともなかったです)

中部地区で、一度もケープを振ることなく終わりました。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-31 11:15 | ダンスのいろは

忘れやすいこと・・・

さて、もうすぐ発売のダンスビュウ9月号。
今回の「ダンスのいろは」は、「忘れやすいこと・・・」です。

さて、現役時代のお話です。
幕張メッセで行われる「スーパージャパンカップ・セグエ選手権」

車で会場に駆けつけて、トランクを開けると

【衣装が無い】

さすがに、ビックリしました。

地方でのデモンストレーション。一曲目は、パソ・ドブレでした。
ケープを振っての登場の予定・・・

会場に鳴り響いた曲は、なんと

【ワルツ】

当時、カセットテープでしたが、カセットの表面には、確かに、パソ・ドブレの文字が・・・
誰かが、重ね録りしたな・・・「あ、僕だ」

思い込みによって、「忘れていること」「間違ってしまうこと」って、多いですよね。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-24 12:07 | ダンスのいろは

感性・・・

先日講習会で、子供たちを教えてきました。
小学校一年生から中学生まで
ダンスの力も違えば、感覚も違いますし・・・教えるのは、苦労です。

15分ぐらいたって「飽きた人」って聞くと
「はーい」
大きな声で返事をしてくれます。しかし、最後まで頑張って受講してくれました。

子供は、感性で踊ります。あまり教え込むべきではないと思います。
感性を豊かにしてあげる教え方・・・難しいです。
しかし「音楽を聴いたまま、好きなようにルンバウォークをして下さい」というと
音楽をはずす子供は、いません。

午後、学生諸君に同じ音楽を聞かせて「はい、ルンバウォーク」というと

「???」考え込んでしまいました。

その音楽とは、リズムだけが入った音楽なのですが・・・

感性を大切にして下さい。
ダンスは、頭で踊るものではありません。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-18 18:53 | ダンスのいろは

ゴルフの話

5年前ぐらいは、週に一回はゴルフ場に行き、暇を無理やり作っては、練習場へ行っていました。最近3年間は、年に4,5回のペース。練習は、なし。上手くなるわけありません。

昨日、久しぶりに行ってきました。楽しく参加してきました。
そこで、こんなことを思いました。
「素振りはいいのに、ボールがあると全然ダメ・・・」
「シャドーではいいのに、パートナーと踊ると全然ダメ・・・」
この二つの共通点は・・・
「ボールを遠くに飛ばしたい」「パートナーを動かしたい」
です。

どちらもまず「自分のスウィングをすることです」

わかっちゃいるけど・・・出来ないんですね
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-10 12:02 | ダンスのいろは

落ちてます・・・

ダンスビュウ8月号の15ページ
ワルツのアマルガメーションの記事です。

⑨シャッセ ツー ライト
⑩ナチュラル ターンの前半

となっていますが・・・

⑨シャッセ ツー ライト
⑩アウトサイド チェンジ (123)
⑪ナチュラル ターンの前半

の間違いです。
DVDの演技のほうでは、きちんと踊っていますが
記事は、抜けてしまいました。ごめんなさい。

きちんと毎回、私が最終確認をしていますので、私のミスです。
また、このようなミスがありましたら
ぜひ、このブログでも、ダンスビュウの編集部でも、安東ダンススクールでも・・・ご報告ください。

失礼いたしました。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-04 22:45 | ダンスのいろは

英語の理解度???

「スロー ・ スロー ・ クイック ・ クイック」
ブルースを踊るときに、よく耳にするカウントですね。
音楽的に言うと
「スロースロー ・ スロースロー ・ スロー ・ スロー」が
正解だと思います。
つまり、一拍がスロー、半拍がクイックと理解するべきです。

皆さんが、カウントしているものは、音楽的というより、動作的な、スロー(ゆっくり)とクイック(早く)です。
音楽的かつ動作的に体が反応するには、日本語を使うことをお勧めします。

つまり

「ゆっくり、ゆっくり、早い、早い」

日本語のほうが、理解しやすいときもありますよ。
逆に、日本語に訳すと、解釈が違ってしまうこともあります・・・それは、後日。

だんだん、ブログを見てくださる人も、増えているみたいで・・・
がんばって更新しますから、よろしくお願いいたします。
[PR]

by andoh-dance | 2007-07-02 09:26 | ダンスのいろは