安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
** リンク **
以前の記事
最新の記事
検索
その他のジャンル
カテゴリ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ダンスのいろは( 48 )


第4回『ダンスのいろは』講習会

昨日は、第4回『いろはの講習会』でした。
1時からは、安東先生のラテンレクチャー。

照明のせいか、(?)滝の様な汗をかいていた安東先生。
体重移動と方向転換の時の『落とし穴』を
ルンバ&チャチャチャでレクチャーしました。

続いて
2時からは、稲垣領子先生のストレッチ。
体幹のトレーニング方法を、一人ひとりに丁寧に教えてくださいました。
腹筋のトレーニングは特に、間違いが多いようで
床に寝て、背骨を意識しながらのレクチャーです。
c0101662_15293988.jpg

そして最後は。
奥山俊一先生&浩子先生のカップルレッスンです。
前日、UKから帰国したばかりの奥山先生。
時差ボケも感じさせない、とても楽しいトークの続く1時間半でした。
グリップや、ポジションを中心とした、ワルツ&タンゴのレクチャーでした。
c0101662_1530113.jpg



c0101662_15302255.jpg

今回御参加くださった方にも、アンケートに御協力いただきましたが
他にも、ご希望やご感想があればコメント御願いします。

当日は、裏口がわかりにくかったり
更衣室がいっぱいだったりとご迷惑をおかけしましたが
参加くださった皆様ありがとうございました。
[PR]

by andoh-dance | 2010-01-25 15:34 | ダンスのいろは

ダンスビュウ杯フォーメーションダンス・フェスティバル

9月6日は、第19回ダンスビュウ杯でした。

昨年の18回大会より、司会の大役で頑張っていますが、本当に、楽しく参加しております。

残念ながら、今年は、いつも参加しているチームが、参加できないこともあり、モダン部門は、3チームと少なかったのです。

参加されたチームでも、メンバーの減少などの悩みがありました。

ファーメーションダンス・フェスティバルは、ダンス愛好家の増加、ダンス人口のすそのを広げていく目標があります。

ダンス界に限らず、スポーツ界でも、愛好家の減少は、深刻な問題だと思います。

ジュニアの育成、30代から50代の初心者の獲得。そして、60代から70代のダンスを楽しむ方が、ダンスの技術ではなく、気軽に参加出来るように・・・

ダンスは、どのような方でも楽しめる、本当に健康にいいものです。

ダンスビュウ杯は、来年20回記念大会です。

今は、演技発表部門(順位がつかない)、競技部門モダン、ラテン(順位があり)です。

来年、ジュニア部門、演技発表部門、競技部門は、平均年齢で、2部門作るなど、色々な対策が出来そうですね。


ダンス界そのものも、教室経営、サークル運営も、色々な対策をしていかないと、この先が心配です。
[PR]

by andoh-dance | 2009-09-08 15:07 | ダンスのいろは

ダンスの楽しみ方

先日、新潟県に「ダンスのいろは」講習会に出かけてきました。

この地方講習会を始めたきっかけは
全国のダンス愛好家の皆様に、よりダンスを楽しんでもらう、そんなお役に立てれば嬉しいな・・・そんな感じです。

さて、新潟県での講習は、私にとって、非常に有意義なものとなりました。

まず、「ダンスビュウを読んだ事がある方・・・」「・・・・」「???」
ほとんどいらっしゃらなかったのです。
という事は、『ダンスのいろは』などは、知るはずがありません。

1班か5班に分かれて、一通りワルツを踊るのですが・・・皆さん、踊れないわけでは、ありません。
しかし、競技会を目指しているわけではなく・・・メダルテストのような、資格試験を受けた事があるわけではないのです。
楽しく踊るダンスです。

全国に、楽しく踊るダンスを踊っている方は、何人いるのでしょうか?
逆に言うと、競技会を目指したり、メダルテストを受けたいという人が、何人いるのでしょうか?

「ダンスのいろは」の連載を開始する時に、ダンスビュウ編集長に言われた言葉は

「競技ダンス、捨てられますか?」

あらためて、私のしなければならない事を確認したような気がします。


講習会は、私の適当なおしゃべりで?順調?に進み・・・


この地方講習会は、技術の押し売りではありません。
もっとダンスが皆様の身近に感じられ、楽しく感じられるように、私も皆様と一緒に楽しく踊りにうかがう。そんな、講習会です。

お気軽に声を掛けてみてください。
全国のダンス愛好家の皆様と触れ合うことが出来たら・・・と思っています。
[PR]

by andoh-dance | 2009-09-01 17:57 | ダンスのいろは

6月28日講習会

昨日は、「ダンスのいろは」第三回講習会でした。

女性のためのレッスンから始まり、シングルレッスン、カップルレッスンまで、4時間半の講習会。

最初から最後まで、4時間半レッスンを受けた方もいらっしゃいました。
講習会のトップを飾っていただきました「和田 恵先生
c0101662_1231539.jpg


レッスンの終わりには、皆さん携帯で 恵先生撮影会。
2ショット写真を撮るのに、行列が出来ました。

アンケートでは、「美しい恵先生を拝見できて幸せ」「また、恵先生にお会いしたい」
まるで、宝塚のスーパースターみたい。
女性に大人気の恵先生でした。
お話も人柄も素敵な方でした。

安東ダンススクールで今日は、「和田恵」式レッスンが大流行すると思います。


カップルレッスンの得地先生・富士子先生は、二回目の講習会でした。
c0101662_12323919.jpg


かなりハイレベルな内容に、皆様必死について行ってました。
「忘れちゃうから、すぐダンスビュウの誌面上にあらためて掲載してほしい」

大変講評で第三回無事大成功だったかと・・・。
四回目は未定です。ですが、皆様、定期的な開催を望んでいらっしゃるようで、ぜひ企画したいと思います。


アンケートにもご協力いただきました。また、定員のため、お断りして受講できなかったかたもいらっしゃります。
皆様のご意見を受け止めて、ぜひ第四回講習会を実現したいと思います。

このブログも、更新して行かないと・・・。

皆様、ありがとうございました。

[PR]

by andoh-dance | 2009-06-29 09:51 | ダンスのいろは

自分に合うか・・・

昨日は、D級アマチュアラテンの審査員でした。

ん・・・

ん・・・・・・・・・



ラテンだから、短いスカートで、出なければいけないのか?派手なシャツを、着ないといけないのか?

最近流行のステップを、踊らなくてはいけないのか?



自分に合っているかどうかを、まず考えるべきです。

「こうしなければいけない」という決まりは、ないはずです。



先日審査した学生の試合もそうですが・・・女性の化粧がおかしい

聞けば、「伝統」とのこと


社交ダンスを経験したことがない人が、競技会を見て

私もやりたいと思うかどうか?

大切だと思います



審査中考えてしまいました


みんなでやれば怖くない?


一般的に

ラテンドレスを着ている人を見て

社交ダンスのメイクを見て

「素敵」と思う人は、意外と少ないと思います


ん・・・・


ん・・・・・・・
[PR]

by andoh-dance | 2009-03-23 21:12 | ダンスのいろは

講習会のお知らせ

講習会をまた開催してほしいとの声が多かったので・・・

ダンスのいろは講習会

また開催します

6月28日(日) 安東ダンススクールで13時開始予定です。

今回は、スペシャルゲスト元全日本チャンピオン 和田 恵先生をお迎えして

テーマは、「美しく踊る為には・・・」

女性の為に徹底的にやっていただきます。


また、前回に引き続き
元全日本グランドファイナリスト 得地敏彰先生・畠山富士子先生
スタンダード・カップル講習会もやります。


是非参加してください。お問い合わせは、ダンスビュウ編集部まで・・・


私は・・・男性の為???

このブログ内で、教えてほしい内容など、コメントにて、どんどん書き込んでくださいね
[PR]

by andoh-dance | 2009-03-11 14:45 | ダンスのいろは

講習会について

コメントありがとうございます。まずこのブログの更新も、がんばらなければいけませんね。

講習会は、個人レッスンとは違った意味で、成果があると思います。
その反面、参加者のレベル、カップルかシングルか、その他・・・

こちらもどのように進めて行くかを勉強して、「ダンスのいろは」にしかない、講習会を作り上げていきたいと思っています。

また、ダンスビュウの方と相談して、実施に向けて、企画して行きたいと思います。

よろしくお願いいたします。
[PR]

by andoh-dance | 2009-02-03 11:56 | ダンスのいろは

講習会

先日、1月18日(日曜日)
「ダンスのいろは」特別講習会が開催されました。

日曜日の四谷・安東ダンススクールに、たくさんの方が講習会を聞きに来てくださいました。

特別講師の得地ソシアルダンススクールの得地敏彰先生・畠山富士子先生、ありがとうございました。

さて、受講されたみなさま、いかがでしたでしょうか?

このような、講習会が、皆様のお役に立っているか?皆様の声をお待ちしています。

また、今回、ご都合で来られなかった方も、是非コメントをお願い致します。

安東 寿展
[PR]

by andoh-dance | 2009-01-20 21:24 | ダンスのいろは

種目別

10ダンスの競技会が、静岡で行われました。

今回は、一次予選から種目によって審査され、二次予選に進む選手は、種目ごとに違います。
しかし、種目別にすると、7人の審査員から3人に評価されるか、4人に評価されるかが、当落の大体目安になります。つまり、過半数です。種目によっては、点が割れて、3人の評価で次に進めることもあります。

しかし・・・

細かいことは長くなるので省略しますが、種目別で行うのと、総合で行うのでは、順位にかなり変動が出ます。審査員の好みによって、順位が変わるのは、仕方ないとして、方式により順位が変わるのは、いかがなものでしょうか?しかも、10ダンスは、毎年やり方がかわり、選手も困惑していると思います。私は、前から、10種目総合でやるべきだと思って訴えてきました。

今年も、プロは、10種目すべてで決勝に残った選手は、なく、結果発表のときに、思いがけない順位に、びっくりする選手もいました。

いろいろ考えれば、種目別とするならば、1種目での出場を可能にするべきではないでしょうか?

種目別の競技と言うのは、そういうものだと思います。

総合と言うのは、あくまでも総合です。
体操の総合、種目別と同じではないでしょうか?

総合であれば、苦手な種目が多少ミスしても、他の種目でカバーし・・・総合優勝です。

今回の10ダンスみたいに、一種目でも落選してしまうと、取り返しのつかない順位になってしまうと言うのは、果たして総合といっていいのでしょうか?それも、わずか、3チェックと4チェックの差です。

総合とは、バランスでは?

そして、社交ダンスとは、何種目もあることが魅力なのでは・・・

種目別にわける、意味を、あらためて考えるべきだと思います。

私が、出場した頃の全英選手権は、一次予選から種目別でした。
しかし、今は、改善されて、24組からの種目別です。

日本は、逆行しているような・・・

もちろん、種目別の魅力もあるでしょうが・・・
[PR]

by andoh-dance | 2008-10-07 16:14 | ダンスのいろは

フォーメーション・ダンスフェスティバル

昨日は、ダンスビュウ杯争奪・フォーメーション・ダンスフェスティバルでした。

昨年は、審査員として参加しましたが、今年は、司会での参加となりました。

昨年まで、17年間も司会をなさっていました、竹村 孝先生に代わっての司会。

司会の仕事は、競技会でやっていますが、本業ではありませんし、上手にできません。

しかも、舞台の上で、出場チームの代表者にインタビュウをしたり、ダンスのいろはの講習会をやったり・・・大変でしたが・・・

一言では、語れないくらいの、感動を、出場チームすべての方から、いただきました。

審査員として、ゲスト的に参加する角度では見ることができなかった、大会の趣旨。

司会として、ある意味、製作側の立場で参加することができて、本当に良かったと思っています。

子供たちのダンス、全盲の方たちのダンス、90歳の方の車椅子ダンス。

ゴルフをやろうと思っても、腰を痛めたりして、できなくなることがあります。
野球は?その他のメジャーなスポーツは?

ダンスは、すべての人が、どんな形であっても、楽しめる生涯スポーツであると、確信しました。

ダンスを通じて、社会に貢献できることがあると思います。
[PR]

by andoh-dance | 2008-09-29 17:47 | ダンスのいろは