安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

簡単に考えること

ホテルなどで、エレベーターに乗る。知らない方が乗っていた場合、あなたはどうしていますか?
日本人は、ほとんどの方が無口です。外国人の方は、「Hello」と声をかけてきます。

以前読んだ、異文化コミニケーションに
外国人の方は、「Thank You」「Yes」「No」など、感情を簡単に表現します。
日本人は、表現の形を考えて、簡単に言葉にしない。

贈り物を頂いた時に、「Thank You」と、外国人
どのようにして、お礼を言おうか、手紙を書こうか、お返しをしたほうがよいのだろうか、とりあえずお電話をしておこうか・・・悩んでしまうのが、日本人。「ありがとう」の言葉が遅れ気味になります。

さて、ダンスにおいても、その傾向が強く出ていると思います。日本人は、技術的な探求に満足する傾向にあります。外国人の基本は、「音に合わせて、楽しく踊る」です。

「どのようにして・・・」と考えすぎるのも、ほどほどにしましょう。

まず、エレベーターで、見ず知らずの方に、挨拶してみましょう。私も、トライしていますが、これがなかなか難しい・・・しっかり、日本人です。
[PR]

by andoh-dance | 2007-09-13 12:09 | ダンスのいろは
<< 将来を考える 振り付け >>