安東寿展「ダンスのい・ろ・は」


◆月刊「ダンスビュウ」好評連載中◆東京・四ッ谷に「安東ダンススクール」を経営
by andoh-dance
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
** リンク **
以前の記事
最新の記事
検索
その他のジャンル
カテゴリ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フォーメーション大会

日曜日は、ダンスビュウ杯・フォーメーションダンスフェスティバルでした。

私の感じたことを、少し・・・

1.音楽的構成
選曲の段階で、統一性の無いチームが、ほとんどでした。ただ単に、踊りやすい曲、好きな曲を選んでいるのでは?と感じました。テーマを決めるとか、起承転結をはっきりするとか・・・どの種目を踊るということより、まず、音楽ありきです。
2.振り付け
フォーメーションの振り付けは、大変苦労するところです。カップルによって、実力の差もありますし・・・
振り付けのポイントですが、「わかりやすいことを、わかりやすく踊る」です。配置であれば、円、直線、斜め。移動であれば、回転量の変化、移動量の変化。以上です。個々のカップルに注目してみているわけではないので、より単純なステップで、構成し、全体的なバランスを大切にすることです。難しいことをやったからと言って、決して、いい結果に結びつくとは限らないのです。

以上の二つのポイントで、ほとんどフォーメーションは決定されます。あとは、練習量だけです。

スタンダード優勝「アマクロス沖縄」
音楽の構成が良く、振り付けもシンプルで、好印象でありました。緑の衣装もよく、沖縄からと言うことでしょうか、東京の人とは違った、明るい感性を感じました。

スタンダード二位「ホールセントラル・ダンススィング・チーム」
カップル個々の実力は、他のチームをかなり引き離していました。ただ、音楽構成が私には理解できませんでした。選曲から曲のつなぎ???衣装、実力ともにナンバーワンでしたが・・・音楽構成は、審査の90%をしめます。これは、私の持論ですが・・・

スタンダード三位「東京ホットペッパーズ」
音楽構成、振り付け、全体のバランスはよかったです。ただ、残念ながら、一組だけ、完全なステップミス、ラインミスをしてしまい、最後まで、ミスを取り返すことが出来ませんでした。個人的な責任ではありませんが、残念ながら敗因となりました。厳しいコメントで申し訳ありません。

ラテン優勝「ちよっこダンスサークル」
初優勝おめでとうございます。若さあふれるパワーは、好印象でした。しかし、内容はイマイチでした。まず、若さの勢い、個性のぶつかりで、フォーメーションとしては、必ずしも機能していませんでした。ラインの乱れは、おかまいなし、顔の向き、手の上げ方・・・それぞれが、元気良く踊っているだけでした。しかし、その元気が無いチームが多いので、それだけで優勝するに充分でした。

ラテン二位「GO!GO!チャレンジャーズ国立」
個人的なレベルと、フォーメーションとしての完成度は、かなり高かったと思います。しかし、全体的な運動量が少なく、また斬新なアイディアが足りないように感じました。何年も優勝していると、ネタに困るでしょうが・・・音楽の構成が、理解できません。衣装、出だしの曲から、映画「マスク」を連想しましたが・・・マラゲーニャにビックリ???なぜ???選曲ミスです。

ラテン三位「クレイジーダンサーズ長野」
構成に対して、個々の基礎能力がついていけていませんでした。もっと、簡単なステップで構成したほうが、より効果的です。選曲も違ったカラーの曲を使い、聞いているほうとしては、うるさい感じを受けました。私としては、イマイチでした。

さて、「チャレンジャーズJr.」には、本当にビックリしました。ただ子供が踊って「かわいい!」で終わるのかと思ったら・・・とんでもない。100点満点。あそこまで、統一させられるのかと、驚きました。来年、競技部門で登場すると、間違いなく優勝候補ナンバーワンでしょうね。

以上、勝手なことばかり書きましたが、各チームじっくり見させていただきました。
こんな辛口コメントでもよくて、他のチームのことに興味がある方がいましたら、コメント入れてみてください。
[PR]

by andoh-dance | 2007-09-05 11:47 | ダンスのいろは
<< 音楽の構成 採点基準 >>